一般財団法人 岩手済生医会 岩手リハビリテーション学院


作業療法(Occupational Therapy)とは

「身体または精神に障がいがある人に対して、その主体的な生活を図るため、諸機能の回復および開発を促す『作業活動』を用いて行う療法」です。
作業活動には、日常生活活動、絵画、木工、手工芸、織物などの創造的および造形的な活動(アクティビティ)のほか、人間の生活全般に関わる諸活動すべてを含む幅広い方法が用いられます。作業療法士に求められる技術は、個人の障がいの特性を捉え、目的に適う作業・活動を選択し、適切な作業療法プログラムを実施することにあります。
身体障がいの作業療法 病気や事故のため身体に障がいをおった方々に
発達障がいの作業療法 発達時期に障がいを受けた子どもたちに
精神障がいの作業療法 精神疾患により生活に障がいを持った方々
老年期障がいの作業療法 さまざまな疾患や諸機能の低下を持つ高齢者に

作業療法学科の教育理念

作業療法学科は、将来、医療・保健・福祉の分野に社会貢献できる、豊かな人間性と作業療法に必要な基本的知識と技術を兼ね備えた作業療法士の育成を目指します。

作業療法士の活躍の場

作業療法士に求められる技術は、個人の障がいの特性を捉え、目的に適う作業・活動を選択し、適切な作業療法プログラムを実施することにあります。
作業療法は創造的、造形的な活動(アクティビティ)を通して行う療法ですが、現在では広い役割を担っています。
特徴は生まれつき障がいのある子ども、認知症などのお年寄り、心の病を持っている人まで、さまざまな身体や精神の病気・障がいを持っている人を回復させ、生活に適応できるように支援することです。
例えば暮らしの中での食事や着替え、社会生活の中でのコミュニケーションや職業復帰、教育支援など、生活や社会適応が可能になるように、運動や心理、認知的なリハビリテーションを行います。

作業療法学科の主なカリキュラム

作業療法学科では、障害を持つ個人を理解するため一般教養科目に加えて、障害・病気を理解するための医学、作業療法専門科目を学び、専門技術の習得を目指します。
また、発達障害から老年期障害まで、身体障害から精神障害までと幅広い年齢層、障害分野を対象とする臨床体験を通して、実践的知識と深い共感能力を備えた作業療法士の育成を目指しています。
科  目 単位数
基礎分野 科学的思考の基盤
人間と生活
人文科学 心理学
社会科学 倫理学
社会科学 教育学
自然科学 物理学
化学
統計学
保健体育
英語
小 計 18
専門基礎分野 人体の構造と機能
及び心身の発達
解剖学ⅰ
解剖学ⅱ
生理学ⅰ
生理学ⅱ
運動学ⅰ
運動学ⅱ
人間発達学
小 計 13
疾病と障害の成り立ち
及び回復過程の促進
病理学
臨床心理学
整形外科
一般臨床医学
神経内科学
内科学
精神医学
小児科学
リハビリテーション医学
小 計 13
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
リハビリテーション概論
社会福祉論
小 計 2 
科  目 単位数
専門分野 基礎作業療法学 作業療法概論ⅰ
作業療法概論ⅱ
作業療法研究法
作業分析論
作業療法基礎実習
小 計
作業療法評価学 作業療法評価学ⅰ
作業療法評価学ⅱ
作業療法評価学ⅲ
作業療法評価学ⅳ
作業療法総合実習
小 計
作業治療学 身体障害学ⅰ
身体障害学ⅱ
身体障害ⅲ
身体障害ⅳ
精神障害学ⅰ
精神障害学ⅱ
精神障害学ⅲ
発達障害学
老年期障害学
作業応用学実習ⅰ
作業応用学実習ⅱ
義肢装具学
日常生活活動学
日常生活活動学習
職業関連活動論
小 計 23
地域作業療法学 環境適応論
地域援助論
小 計
臨床実習 臨床実習 18
小 計 18
小 計 60
作業療法学科カリキュラム 総計 106